トップページ > 防災情報 > 〔11月1日〕緊急地震速報訓練を行います

〔11月1日〕緊急地震速報訓練を行います

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月11日更新

緊急地震速報訓練の実施について

消防庁・気象庁では、平成20年度から緊急地震速報の全国的な訓練を実施しており、今年度も11月1日(水曜日)に実施されます。
この訓練では、全国瞬時警報システム(Jアラート)を活用し、全国の都道府県及び市区町村に緊急地震速報(訓練報)が配信されます。全ての都道府県及び市区町村はJアラートの受信確認を行うほか、情報伝達手段(防災行政無線、戸別受信機等)の自動起動の確認を行うこととなっています。

Jアラートって何?

緊急地震速報や津波警報、弾道ミサイル情報など、対処に時間的余裕のない事態に関する情報を国から人工衛星などを通じて、瞬時に伝達するシステムです。

防災行政無線を流します

以下のとおり、防災行政無線の屋外スピーカーから訓練放送を流します。実際の災害と間違えないようにしてください。

日時

11月1日(水曜日)午前10時ごろ

実施場所

町内51か所に設置の防災行政無線屋外スピーカー

放送内容

【上りチャイム4音】

「こちらは、ぼうさいまさきちょうやくばです。ただ今から訓練放送を行います。」

{〔緊急地震速報チャイム音〕
  +
 「緊急地震速報。大地震です。大地震です。これは訓練放送です。」}×3回

「こちらは、ぼうさいまさきちょうやくばです。これで訓練放送を終わります。」

【下りチャイム4音】
※情報伝達訓練は、松前町以外でも、さまざまな方法を使って行われます。
スピーカ
ひと

シェイクアウト訓練をしてみましょう!

シェイクアウトとは、地震を想定して、一斉に身を守るための安全行動をとる、だれでも気軽にできる訓練です。

当日10時頃の緊急地震速報の放送を合図に、その場で、

「(1)まず低く=Drop!」
  →「(2)頭を守り=Cover!」
    →「(3)動かない=Hold On!」

の安全確保行動を約1分間実践してみましょう!
シェイクアウト