トップページ > 防災情報 > 〔11月14日〕防災行政無線を使用した情報伝達訓練を行います

〔11月14日〕防災行政無線を使用した情報伝達訓練を行います

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月1日更新

全国瞬時警報システム(Jアラート)の全国一斉情報伝達訓練について

地震・津波などの自然災害や武力攻撃などの発生時に備え、全国瞬時警報システム(Jアラート)を用いた情報伝達訓練を行います。
避難訓練は行いませんが、情報が届いたとき、避難のための行動がすぐにとれるか、避難グッズは備わっているか、皆さんも確認しておきましょう。

Jアラートって何?

緊急地震速報や津波警報、弾道ミサイル情報など、対処に時間的余裕のない事態に関する情報を国から人工衛星などを通じて、瞬時に伝達するシステムです。

防災行政無線を流します

次のとおり、防災行政無線の屋外スピーカーから訓練放送が流れます。実際の災害と間違えないようにしてください。

日時

11月14日(火曜日)午前11時ごろ

実施場所

町内51か所に設置の防災行政無線屋外スピーカー

放送内容

【上りチャイム4音】
  ↓
「これは、Jアラートのテストです。」×3回
  ↓
「こちらは、ぼうさいまさきちょうやくばです。」
  ↓
【下りチャイム4音】
※情報伝達訓練は、松前町以外でも、さまざまな方法を使って行われます。
スピーカ
人