トップページ > " > 愛顔つなぐえひめ国体とは

愛顔つなぐえひめ国体とは

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月5日更新

愛顔つなぐえひめ国体とは

 国体は、第1回目が昭和21年(1946年)に京都を中心とした京阪神地域で開催され、その後、毎年各都道府県持ち回りで開催されている国内最大のスポーツの祭典で、2万人以上の選手・監督などが参加する予定です。
 愛媛県で開催されるのは、第72回目になります。その国体が愛媛県で開催されるのは、前回の昭和28年に四国4県で共同開催した第8回大会以来のことで、実に64年ぶり。そして、愛媛県だけで開催するのは初めてということになります。
 前向きな気持ちと思いやりの心が結集した愛のある笑顔「愛顔(えがお)」でおもてなし。選手・役員や観客、運営を支えるスタッフなどみんなが愛顔でつながる国体にします。

松前町開催競技

 松前町で開催されるのは3競技。
 チームプレイとスティックさばきが重要な「ホッケー」。
 冷静な判断力と機敏な技が勝負の分かれ目となる格闘技「ボクシング」。
 高い集中力と繊細な身体感覚が必要な「ライフル射撃(CP)」です。

開催場所・開催期間(松前町開催競技)

競技名

種別

会場

開催期間

ホッケー

少年男女

松前町ホッケー公園ホッケー場

平成29年10月1日(日曜日)~10月5日(木曜日)

ボクシング

全種別

松前公園体育館

平成29年10月5日(木曜日)~10月9日(月曜日)

ライフル射撃(CP)

成年男子

愛媛県警察学校射撃場

平成29年10月2日(月曜日)~10月4日(水曜日)

松前町競技