トップページ > 町長の部屋 > 平成26年第2回定例議会(6月)

平成26年第2回定例議会(6月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年6月19日更新

 それでは、平成26年第1回定例会以降の諸般の報告を申し上げます。

 はじめに、防災対策について申し上げます。

 本町では、大規模災害時に、迅速かつ円滑に応急対策や復旧対策を行うため、各種団体と様々な応援協定を締結しているところです。 

 本年4月には、コープえひめならびに松山興産株式会社と新たに災害時応援協定を締結いたしました。

 特に、松山興産株式会社との協定では、ガソリンなどの優先供給に加えて、津波からの一時的な避難場所として、町内では初めて、所有しているマンションを提供していただく内容となっております。今後も緊急避難場所の確保に、引き続き努めてまいります。

 また、高齢者や障がい者、乳幼児など、一般の避難所における生活が困難で、特別な支援が必要となる方を受け入れる「福祉避難所」につきましては、町内の7つの施設と先月28日までに協定を締結いたしました。今後、災害時にご支援が頂けるものと考えています。

 次に、町制施行60周年について申し上げます。

 来年3月に松前町は合併60周年を迎えます。その記念すべき年を町民の皆さんとお祝いするため、これまで役場の若手職員によるプロジェクトチームにおいて、事業内容について検討を重ねてまいりました。

 また、記念事業が町民のみなさんの思い出に残る特別なものとなるよう、様々な立場からの意見を反映するため、団体・企業・住民等のみなさんが参加する「松前町町制施行60周年記念事業実行委員会」を設置し、今月4日に第1回の会議を開催いたしました。

 厳しい財政状況ではありますが、知恵と工夫による松前の特徴を活かした事業の実施に向けて、検討を進めてまいります。

 次に、国民体育大会について申し上げます。

 ホッケー場の整備につきましては、用地を取得した部分の造成工事に着手し、併せて基盤施設工事や給排水施設工事を実施するなど、計画的に施設整備を進めてまいります。

 また、国体の開催に向けて、実行委員会の設立や各種計画の策定などにより、機運の醸成を図ってまいります。

 次に、国民健康保険税の税率改定について申し上げます。

 平成26年度の国民健康保険特別会計については、高齢化と医療の高度化に伴う保険給付費の増加及び前期高齢者交付金の減少などにより、平成25年度の繰越金を充当しても、財源不足となることが見込まれております。

 そのため、医療費分についての税率を引き上げる必要があり、本定例会に条例の改正を提案しております。

次に、臨時福祉給付金について申し上げます。

本年4月からの消費税率の引上げに伴い、低所得者等への対応として臨時福祉給付金が支給されます。

松前町では、先月末に全世帯に申請書を送付して、今月2日より申請書の受付を開始しております。7月上旬には、支給を開始する運びとなっております。

 次に、はんぎり交流事業について申し上げます。

 日本各地にある「はんぎり桶」や「たらい舟」を使った行事に参加して、交流を行うことにより、松前町の伝統行事である「はんぎり競漕」を全国に発信するため、PRスタッフ3名と担当職員が、先月24日に大分県日田市で開催された「ハンギリ源平合戦」に参加してまいりました。

 イベント当日は、はんぎりを持ち込んでデモンストレーションを行うなど、はんぎりの大きさや漕ぎ方に、日田市のみなさんの関心は非常に高く、松前の祭りにもぜひ参加したいとの申し出がありました。

 はんぎり桶やたらい舟という同様の地域資源を活用した市町との交流により、松前町の知名度の向上を図りたいと思います。

 次に、広報まさきについて申し上げます。

 平成26年全国広報コンクール総合審査会が、4月に東京で開催され、昨年の広報まさき7月号の表紙が、一枚写真の部門で全国第3位の賞を受けました。

 このコンクールは、昭和39年から開催されている歴史のあるコンクールで、今回が初めての受賞となります。

 今後も、分かりやすい情報発信に努め、町民のみなさんに親しまれる広報まさきを目指してまいります。

 以上が諸般の報告であります。

 なお、本定例会には

報告案件 2件

専決処分の承認 2件

条例案件 1件

予算案件 5件

その他、議決を求めるもの1件、意見を求めるもの1件の、合わせて12件の議案を提出しております。

各議案の詳細につきましては、提案理由の中でご説明申し上げたいと思います。

何とぞ慎重にご審議の上、適切な議決を賜わりますようお願い申し上げまして、私の挨拶といたします