トップページ > 組織でさがす > 産業課 > 農業での野焼きのルールを守りましょう

農業での野焼きのルールを守りましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月8日更新

農家の皆さんへ

 野焼きは、法律で禁止されていますが、農業を営むためやむを得ないものは例外で認められています。

▼農業を営むための野焼きの例
・稲わら、麦わらなどの焼却
・害虫駆除のための枯れ草の焼却
※農業用廃ビニールなどの焼却は認められていません。

▼やむを得ず野焼きを行う場合
まずは野焼き以外の処分方法を考え、やむを得ず上記の野焼きを行う場合は、次の点を守りましょう。

【(1)実施前】
 ・消防署に届け出をする(届け出は消防署が事前に野焼きを知るためで、野焼きを容認するものではありません。電話・口頭も可能です)。
 ・周囲の住宅環境に配慮し、声掛けを行うなど苦情が出ないよう努め、目を離さず焼却できる体制を組む。
 ・わらや草はよく乾燥させ、大量の煙が出ないように工夫する。
 ・すぐに消火できるよう水バケツ、消火器などを準備する。
 ・風向きを十分考慮し、風が強い日や空気が乾燥している日は避ける。

【(2)実施中】 
 風の影響で周囲に影響が出始めた場合は中止する。

【(3)実施後】
 日中で作業を終わらせ、消火したことを必ず確認する。

問い合わせ先 
 産業課農業振興係
 ☎985―4119
 松前消防署
 ☎984―3404