トップページ > 組織でさがす > 上下水道課 > 水道料金改定について

水道料金改定について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月1日更新

水道料金改定について

平成26年9月検針(平成26年10月請求分)から

 平成16年度に料金改定を行った後、課の統廃合や施設の民間委託を積極的に行い、経費や人員削減などの財政改革に取り組んできました。しかし、次のような状況から、料金改定を行うこととなりました。

【改定の目的】
一定の料金収入を確保し、健全な経営を維持していくことで、皆さんに安定して飲料水をお届けするため。

【改定を行った背景】
・浄水場や耐震管などの整備費用の確保
 これまで高度浄水施設の恵久美浄水場、北伊予浄水場を整備するほか、南海、東南海地震などへの対策として耐震化を進めてきました。安心・安全でおいしい水を継続して供給するため、今後も継続して整備を進めていく予定です。
・使用水量の減少による料金収入の不足
 世帯人員の減少や節水型社会の進展で使用水量が減少し、料金収入の不足が予測されています。

 今後もさらなる経営の効率化や経費の削減など、いっそうの経営努力をしていきますので、ご理解とご協力をお願いします。