トップページ > 組織でさがす > 健康課 > 不妊治療にかかる費用を助成します

不妊治療にかかる費用を助成します

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月10日更新

松前町特定不妊治療費助成事業

松前町では、愛媛県が行っている特定不妊治療助成に加えて、治療費の一部を助成します。

ボタン 対象者 “愛媛県の特定不妊治療費助成事業の対象者”で、以下のすべてに該当する人

 ・夫婦のうちいずれか一方が松前町内に1年以上住所を有していること

 ・町税及び国民健康保険税を滞納していないこと

 ・過去に松前町特定不妊治療費助成金の交付を5回を超えて受けていないこと (※初めて松前町特定不妊治療費助成金の交付を受けたときの治療期間の初日における妻の年齢が40歳以上である場合は3回)

ボタン 対象となる治療

 愛媛県が指定する医療機関において行われた特定不妊治療(体外受精・顕微授精)が対象となります。

ボタン 助成額

 1年度あたり上限5万円

  (ただし、治療に要した費用から、愛媛県の助成金を差し引いた残りの金額の範囲内とします)

ボタン 申請方法

 治療が終了した年度内(愛媛県の決定通知と同じ年度内とする)に、以下の必要書類を持参の上、健康課保健センター係に申請してください。

 ・愛媛県特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し(愛媛県に提出したもの)

 ・特定不妊治療費助成事業承認決定通知書の写し(愛媛県発行のもの)

 ・特定不妊治療を受けた医療機関発行の領収書等当該治療費の支払いを証明できるものの写し

 ・朱肉を使用する印鑑

 ・申請者名義の口座がわかるもの