トップページ > 組織でさがす > 健康課 > 気づいてますか こころの危険信号

気づいてますか こころの危険信号

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月12日更新

こころの相談窓口のご紹介

自殺は私たちみんなの問題です

 日本では自ら命を絶つ人が毎年年間3万人おり、深刻な社会問題となっています。
 かつて自殺は個人の問題で防ぎようのないものと考えらえがちでした。しかし、実際には、さまざまな悩みにより心理的に「追い込まれた末の死」であること、早期に発見し適切な介入やケアをすることなどによって防ぐことができることが分かっています。
 かけがえのない身近な人の命を守るために、私たちが一人ひとりができることからはじめませんか。
●専門医によるこころの相談事業
 心身の不安や悩みなど、心の健康問題を抱える人やその家族に対して、専門医による個別相談の窓口を開設しております。
 ※年4回開催(開催日時は広報・ホームページ上に掲載)
●こころの健康講座
 うつ病等こころの病気を通して自殺予防に関する講義を行います。ご希望の方は保健師までご相談ください。
●ゲートキーパー養成講座
 地域で心の相談等受けている方などに対し、ゲートキーパーとしての役割や、普段の活動の中で遭遇する問題に適切に対処できるよう、講演やワークショップ型の研修を実施します。(開催時期は広報等で周知)
●精神保健に関する事業
1.精神デイケア
2.家族懇談会 など
お問い合わせは保健センター係保健師まで
●いきる支える相談窓口(悩み相談窓口一覧)
 松前町では「こころを守ろう」パンフを平成23年に作成し、各戸配付しております。もしお手元にない方は下のファイルをダウンロードしてください。
こころを守ろうパンフ