トップページ > 組織でさがす > 保険課 > 高額医療・高額介護合算療養費について

高額医療・高額介護合算療養費について

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年12月16日更新

医療保険で支払った医療費の自己負担額と、介護保険の加入者がサービスを利用したときの自己負担額の年間合計額が基準額を超えた場合、その超えた金額を支給する制度です。

支給要件・支給金額(平成21年度)

世帯内の国保の被保険者又は後期高齢者医療制度の加入者全員が平成20年8月~平成21年7月に支払った医療保険・介護保険の自己負担額の合計が、下記の表の基準額を超える場合は、その超えた金額を支給します。ただし、平成20年4月~平成21年7月の16か月間の自己負担額が、( )内の基準額を超える場合は、その超えた額と上記の支給額を比べ、多い額を支給します。
70歳以上の人・後期高齢者医療制度加入者の基準額70歳未満の人の基準額
(1)高齢受給者証の負担割合が「3割」となっている場合67万円      (89万円)(1)世帯員全員の合計所得が600万円を超える場合126万円      (168万円)
(2)世帯員全員が市町村民税非課税の場合31万円      (41万円)(2)世帯員全員が市町村民税非課税の場合34万円      (45万円)
(3)(2)のうち、世帯員全員の所得が一定以下(※年金収入80万円以下など)の場合19万円      (25万円)(3)(1)(2)以外の場合67万円      (89万円)
(4)(1)(2)(3)以外の場合56万円      (75万円)(  )内は、平成20年4月~平成21年7月の16か月間の基準額

手続き方法

 平成21年7月31日(基準日)に松前町の国民健康保険又は後期高齢者医療制度に加入して人で、対象となる被保険者には1月中旬ごろに支給見込額のお知らせをお送りしますので、支給申請の手続きをお願いします。
 なお、基準日に他の医療保険に加入していた人は、加入していた医療保険者へお問い合わせください。