トップページ > 組織でさがす > 町民課 > バイオマスタウン構想について

バイオマスタウン構想について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年5月1日更新

 「バイオマスタウン構想」とは、地域におけるバイオマスの総合的な利用を促す取組みです。
 総合的な取組みを行う、または計画を持った市町村が、基準に合えば「バイオマスタウン」として認定されます。
 認定されると、バイオマス利用施設の整備など、事業化の際に積極的な支援が得られます。
 平成21年3月末現在、全国197の市町村がバイオマスタウンに認定されていて、松前町も今年3月に認定されました。
 
下記に松前町のバイオマスタウン構想を添付いたしますので、ぜひご確認のうえ、バイオマスの利活用にご協力ください。