トップページ > 組織でさがす > 町民課 > 学生納付特例制度

学生納付特例制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年2月22日更新

学生納付特例制度は、学生本人の所得が一定額以下の場合、申請を行って日本年金機構の承認を受ければ、承認期間中の保険料支払いが猶予される制度です。

<内 容>

(1)承認期間は、老齢基礎年金の受給資格要件の期間に算入できますが、年金額には反映されません。

(2)承認期間中の障害や死亡といった不慮の事態には、障害基礎年金や遺族基礎年金の請求の際、受給要件で有利となります。

(3)承認期間は、申請年度の4月から3月分までです。

(4)承認期間中の猶予された保険料は、承認後10年以内であれば追納することができて、年金額も増額できます。ただし、承認された年度から起算して3年度目以降は、経過期間に応じて加算額が上乗せされますのでご注意ください。


<対象者>

(1)大学(大学院)、短大、高等学校、高等専門学校、専修学校及び各種学校、その他の教育施設等に在学する学生又は生徒(夜間・定時制課程及び通信制課程を含む)
 ※対象となる各学校その他の教育施設については、年金事務所へお問い合わせください。

(2)学生本人の前年の所得が118万円以下。
 ※学生本人に扶養親族などがあれば、それに応じて加算があります。

<手続きに必要なもの>

(1)申請年度の在学が確認できるもの
 有効期限内が確認できる学生証又は在学証明書(期限が確認できればコピー可)

(2)代理での申請の場合、認印