ごみの分別

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月7日更新

下記のごみを出す場合はクリックしてください

ごみ分別地域学習会に講師を派遣します!

町内のご家庭から出されるごみの減量や間違えやすいごみ分別などについて町職員等がご説明し、皆様にご理解を深めていただくことを目的としています。

■申請者は?    約20名程度の住民が参加する会合等の代表者

■講師は?      松前町保健福祉部町民課ごみ対策担当者等

■開催時間は?  平日の午前9時から午後9時まで(時間応談) なお、業務の都合により日程を調整する場合があります。

■会場は?     町内とします。申請者がご用意ください。

■費用は?     無料。ただし、会場使用料等は、申請者でご負担ください。

ごみ分別の手引き

ごみ分別の手引き(平成27年度改訂版)[PDFファイル/3.2MB]

ごみ分別の手引き 追記・訂正 [PDFファイル/44KB]  ※平成28年9月1日更新

分類分け方出し方校区別収集日
松前

北伊予


岡田

可燃ごみ

●調理くず、貝殻
●紙おむつ
●保冷剤、乾燥剤、使い捨てカイロ
●スポンジ、ウレタン
●プラマークのないプラスチック製品
(柔らかいもの、玩具や文房具など小さなもの)
●感熱紙やカーボン紙、フィルムコートした紙、アルバムや写真、紙皿や紙コップなど
 

●革製品、運動靴、スリッパ
●ビニール類、ナイロン類、ゴム類
●ひも、毛糸、ぬいぐるみ
●ふとんは45リットルの袋に入れば可燃ごみ、入らなければ粗大ごみへ
●綿入りの衣類

●生ごみは、水分をよく切ってください。
●紙おむつは汚物を取り除いてください。
●金具は取り除いて金属類に分別してください。
●内袋を使ってかまいません。(目に見える一番外側が指定袋です)
●ペンキは、紙や布にしみ込ませ、食用油は凝固剤で固めて出してください。
ただし食用油だけは、役場や東・西・北の各公民館の回収ボックスをご利用することができます。

 

指定袋に入れる

毎週
月・木曜日

資源物紙類新聞

●新聞紙
●新聞の折込チラシ

 

※泥がついたり油がしみ込んでいるものや、一度濡れたものは可燃ごみです。

●なるべく雨の日には出さないでください。雨天でも収集はしますが、濡れるとリサイクルすることができません。
●ひもで十文字(一番良いのは紙ひも)に縛って出しましょう。

 

ひもで縛る

毎月
第1・第3火曜日
紙パック

●500ミリリットル以上の紙パック

 

※内側が銀色コーティング(酒類の紙パックが代表的です)のものや500ミリリットル未満のものは可燃ごみです。

●なるべく雨の日には出さないでください。
●水ですすいで開いて、なるべく乾燥させて出しましょう。

 

ひもで縛る

段ボ|ル●切り口断面が波状の紙
※泥がついたり油がしみ込んでいるものは可燃ごみです。

●なるべく雨の日には出さないでください。
●なるべく金具は取り除いてください。
●箱を広げて(解体して)から折りたたんで縛ってください。

 

ひもで縛る

雑誌類

●週刊誌
●封筒
●紙袋
●シュレッダーした紙(封筒や紙袋に入れる)

 

●新聞、紙パック、段ボール以外の紙袋(漫画本、書籍類、カタログ、コピー用紙、紙箱、包装紙、紙袋、菓子箱、厚紙や台紙、シュレッダーした紙など)
※ティッシュ、金銀等の加工をしているもの、ガムの包装紙、写真、アルバム、カーボン紙、感熱式Fax用紙やレシート、紙皿・紙コップ、洗剤の紙箱、アイスクリーム・ヨーグルトの紙製容器、ビニール表面加工紙などは再利用できませんので可燃ごみとなります。

●なるべく雨の日には出さないでください。
●紙袋の取っ手がナイロンなど紙以外の場合は取り除いてください。
●ティッシュ箱のフィルムや封筒の窓枠のセロハンは取り除いてください。
●シュレッダー紙は封筒や紙袋に入れ、小さな紙は雑誌にはさみましょう。

 

ひもで縛る

プラスチック類

●ペットボトルのふたとラベル
●プラスチック容器(弁当の容器、卵ケース、豆腐の入ったパック、飲料の容器)
●発泡スチロール容器(食品トレイ、インスタント食品の容器)

 

●カップ類(プリン・ゼリー・ヨーグルトなどのカップ)
●果物などを包んだ網、ネット
●洗剤・シャンプー・入浴剤などのボトル類
プラスチックマークのあるもの
●発泡スチロールの緩衝材(家電製品などを保護したもの)、チューブ製容器など

 
※ストロー・計量カップ・プランター・ポリバケツなど商品そのものでプラマークのない柔らかいものは可燃ごみへ、また、硬いものは埋立ごみへ。
※危険品のライター・かみそりは埋立ごみです。

●内袋は使用しないでください。
●洗って汚れを落とし乾かして出してください(汚れの落ちないものは可燃ごみになります)。

 
●医療系廃棄物の注射器などは購入元か、かかりつけの病院に相談して処理してください。

 

 

透明又は白の半透明の袋に入れる

毎週水曜日毎週金曜日
ペットボトル

●しょうゆ・酒類のペットボトル
●水・お茶・ジュースなどのペットボトル
ペットボトルマークのあるもの

 
※ペットボトルのふた・ラベルは必ず取り外してください。ふたやラベルはプラスチック類に分別してください。
※ボトルに残るプラスチック製のリングはキャップと同じ材質ですが、外さずにそのままでもかまいません。

 

●つぶして袋に入れると、かさばりません。
●ペットボトルの中はすすいで出してください。

 

透明又は白の半透明の袋に入れる

毎月1・3金曜日毎月第1・3水曜日
かん類

アルミ・スチールマークのある缶(ジュース・ビール・缶詰・スプレーなどの缶)

 

※マークのないものは金属類へ分別しましょう。

●缶はすすいで出してください。


 

透明又は白の半透明の袋に入れる
毎月
第1土曜日
びん類

●ジュース・食用油・焼酎・洋酒のびん
●インスタントコーヒー・ジャム・ドリンク剤のびん
●調味料・ビールのびん、一升びん
●化粧品のびん

 
※化粧品のびんは平成21年4月からびん類に分別してください。(中身が取り除けないときは埋立ごみです。)
※金属類のふたは、なるべく裏のパッキンを取り外して金属類に分別し、また、プラスチック製のふたはプラスチック類として出してください。

 

●びんの中身は全部出し、水できれいに洗ってください。
●牛乳びん、ビールびん、一升びんなどのリターナブルびんは販売店で引き取ってもらえる場合もあります。

 
透明又は白の半透明の袋に入れる

毎月
第2土曜日

金属類・スプレー缶

●アルミ箔(アルミホイル)
●金属製の鍋・釜・フライパン
●包丁

 

●金属製の調理器具
●アイロン
●一斗缶(中身を残さないようにきれいにしましょう)

 
アルミ・スチールのマークのない缶
●金属くず
●はりがね(ビニールを剥いだハンガーなど)
●安全ピンなど

●スプレー・カセットボンベ缶は使いきって出しましょう。
また、金属類とは別の袋に入れましょう。            

         hukuro

●刃物類は、紙か布に包んで、紙に「きけん」と書いて出しましょう。
●画鋲・針は危険なので、まとめて缶に入れてから出しましょう。

透明又は白の半透明の袋に入れる

 

毎月
第4土曜日
古着・古布類

●衣服、毛糸の衣類
●バスタオル、カーテン、ハンカチ
●シーツ、ベッドカバー、敷布、毛布
●下着
●両方そろったくつ下
●帽子
●和服、帯

 
※綿入りの衣類や破れたり汚れているものは可燃ごみです。
※布団は45リットルサイズの袋に入れば可燃ごみ、入らなければ粗大ごみです。

●ボタン・ファスナーなどの付属品を取り除く必要はありません。
●油で濡れたもの、汚れたもの、破れたり切り裂いているものは可燃ごみになります。

 

透明又は白の半透明の袋に入れる

毎月
第2火曜日
せんてい枝

●枝打ち処理した直径10センチ未満、長さ1メートルまでのせんてい枝
●枝打ち処理した時の葉
●枯葉、雑草

 
※柱や板など加工したものや直径10センチ以上になるものなどは可燃ごみです。その場合指定袋に入らなければ粗大ごみになります。
※たけのこの皮、ソラマメの茎やさや、さつまいものつるなどは可燃ごみへ。

●枝打ち処理済のせいてい枝はひとりで持ち運びができる大きさにひもで縛って出します。
●土をよく払い落としてください。

 

透明又は白の半透明の袋に入れる
枝はひもで縛って出す

毎月第2・第4金曜日毎月第2・第4水曜日
有害ごみ

●蛍光灯
●体温計、水温計
●ボタン型電池
●乾電池(水銀0使用のもの)

 
※白熱灯のような電球は埋立ごみに分別してください。

●割れると、管の内部から水銀を含む有害な粉が出るので、割れないように取り扱いに注意しましょう。
●新しい蛍光灯の入っていた箱や筒に入れて出すこともできます。
●長い蛍光灯は5本程度をひもで縛って出すこともできます。
●ボタン型電池は販売店でも回収しています。

 

透明又は白の半透明の袋に入れる

毎月第3土曜日
埋立ごみ

●陶磁器類
●カセットテープ・CD(ケースを含む)
●鏡、ガラス、割れたびん、電球
●ポリバケツ、プランターなどの硬質プラスチック類
●ドライヤーなどの小型家電製品(町内各所に回収ボックス有り)
●かさ、ライター、ヘルメット、水筒、懐中電灯、カメラ、針金入りハンガーなど異なる材質の部品でできた(複合物)様々な製品
 
※かみそりとライターは埋立ごみです。
※45リットルの袋に入らないものは粗大ごみへ。

ガスライターはガスを抜くか使い切ってから出しましょう。
●割れびんやガラスは紙か布に包んで、紙に「きけん」と書いて出しましょう。
●電気スタントなどの照明器具は、電球や蛍光灯などを必ず外しましょう。
透明又は白の半透明の袋に入れる

 

毎月
第4火曜日
粗大ごみ

●45リットルの袋に入らない大きなもの
●扇風機、ステレオ、掃除機、ワープロ、ストーブ(石油は抜く)、照明器具(蛍光灯は外す)
●ガステーブル、電子レンジ、食器棚
●タンス、机、椅子、ソファー、布団
●ゴルフクラブ、ギター、水槽、自転車など
※45リットルの袋に入るように分解できるものは埋立ごみです。
※暖房器具の灯油など燃料は火災予防のため必ず使いきるか抜き取りしてから出しましょう。

●申込み:ゴミ分別収集カレンダーの粗大ごみ申込はがきで申し込みます。
●通知:申込期間(松前校区は奇数月、北伊予・岡田校区は偶数月の15日が原則です)締め切り後、収集日を明記したシール付きのはがきが役場から届きます。
●排出:届いたはがきのシールを申込品に貼り、申込み時に指定した場所に出します。
●収集:申込み品とシールを確認して収集します。立会いは不要です。
申し込みの翌月(松前校区は偶数月、北伊予・岡田校区は奇数月の上旬が原則)です。
町から届くはがきに記載した日
収集しないもの(禁止)






法対象製品

●テレビ(ブラウン管・液晶式・プラズマ式)
●エアコン(室外機含む)
●洗濯機
●冷凍庫
●冷蔵庫
●保冷庫・冷温庫(冷却や制御に電気を使うもの)
●衣類乾燥機

 

乾燥機のイラスト
※液晶式テレビとプラズマ式テレビは平成21年4月から、保冷庫・冷温庫(冷却や制御に電気を使うもの)は平成26年3月からリサイクル料金が必要な家電製品になりました。

◆下記のリンクを参照してください。

ごみ分別の手引き別紙1(処分方法)

パソコン

●デスクトップパソコン、ノートパソコン、Crt(Lcd)ディスプレイ

 
※ワープロは粗大ごみ(45リットルの袋に入れば埋立ごみ)へ。
パソコンの窓口無料回収についてはこちらをクリック

◆役場町民課1階ごみ対策係2番窓口まで持ち込んでください。もしくは、各メーカー受付窓口か(社)パソコン3R推進協会(03-5282-7685)にご相談ください。

※メーカーに回収を申し込むと、集荷希望の場合は郵便局から戸別回収に伺い、持込希望の場合は直接最寄りの郵便局(簡易郵便局は除く)へ持ち込む。
◆平成15年10月までに発売されたパソコンについては消費者がリサイクル料金を負担する。

処理困難物●バイク
●タイヤ
●バッテリー
●消火器
●ガスボンベ
●医療系廃棄物
●充電式乾電池 リサイクルマークのあるもの
●農薬、毒劇物、溶剤、廃油などの有害性のあるもの
●スプリングマット
●ピアノ、大型金属塊など容積や重量が著しく大きいもの
 
◆可燃ごみや一時大量ごみの可燃物は、自分で処理施設へ搬入(有料)することもできます。
搬入先:伊予地区清掃センター
(伊予市三秋1433 Tel982-1287)

料金:

家庭系一般廃棄物
20kgまで無料、40kgまで80円、40kg超えるものについては20kg増すごとに40円追加
事業系一般廃棄物
100kgまで940円、100kg越えるものについては100kg増すごとに945円追加
受付:月曜日~金曜日は8時30分~16時30分まで、土曜日は8時30分~12時まで

◆一般廃棄物収集運搬許可業者に収集を依頼(有料)する。
町内許可業者(五十音順)
・松前公益商会(有)Tel984-9845
・みずほ工業(株)Tel984-9125
◆生産者、販売店、購入店での引取り(下取り)に出す(場合により有料)。
一時大量ごみ●引越、大掃除、家庭の増改築や修繕、庭木の剪定、自治会活動に伴い一時的に大量に出る(1日15Kg以上)ごみ
事業系ごみ●飲食店、事業所などで事業活動に伴って生じるごみ
産業廃棄物

●建替などに伴って生じるブロック、瓦などのガレキ類
●自動車
●農業用マルチ・ビニールハウスのシート
●農機具
●バイクの部品
●解体ごみ
●建設廃材
●土砂、焼却灰

事業系のごみについて