トップページ > 組織でさがす > 町民課 > 東日本大震災により被災者、 DV等の被害者、一人暮らしで長期の入院・入所している方など、住所地で「通知カード」を受けるのが困難な方へ(通知カードの送付先に係る居所情報の登録について)

東日本大震災により被災者、 DV等の被害者、一人暮らしで長期の入院・入所している方など、住所地で「通知カード」を受けるのが困難な方へ(通知カードの送付先に係る居所情報の登録について)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月6日更新
  平成27年10月からあなたのマイナンバーをお知らせする通知カードが住所地に送られます。住所地と異なる住所にお住まいの方は、住民票異動の手続をしていただくようお願いします。住所変更の手続きを行っていないと住所地で「通知カード」を受け取るのが困難になる恐れがあります。ただし、やむを得ない理由で通知カードを住所地で受け取ることができない人は、申請により通知カードの送付先を変更することができます。

対象となる人

(1) 東日本大震災により被災し、住所地以外に避難している人
(2) DV(配偶者暴力)、ストーカー、児童虐待等の被害者で、住所地以外に居住している人
(3) 平成27年10月5日以降、医療機関・施設等への長期の入院・入所することが見込まれ、かつ、入院・入所期間中は住所地に誰も居住していない人

 上記のように、やむを得ない理由により住所地以外に居住している方が対象となります。

申請方法

対象となる方で、確実に「通知カード」を受け取られたい方は、次の書類を住民票のある市区町村に持参又は郵送してください。

提出していただく書類

(1)通知カードの送付先に係る居所情報登録申請書
(2)登録対象者の本人確認書類(郵送の場合はコピーを添付)
*1点必要
住民基本台帳カード、運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)、パスポート、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳(顔写真付きのもの)など。
   ※最新の住所等が裏書されている場合には、裏面のコピーも提出してください。(郵送の場合)
*2点必要
上記書類をお持ちでない人は、官公署から発行され、又は発給された書類その他これに類する書類で、個人識別事項(氏名及び生年月日、住所)の記載があるもの。
例:健康保険証、年金手帳、社員証、学生証、学校が発行した在学証明書、預金通帳、医療受給者証等市区町村長が適当と認める書類。

(3)居所に居住していることを証する書類(郵送の場合はコピーを添付)
賃貸借契約書、権利書、医療機関・施設等が発行する入院・入所を証明する書類(入所契約書等)、公共料金の領収書、その他居所に居住していることを確認するために市区町村長が適当と認める書類。 

(4)代理人の代理権を証明する書類〔代理人が申請する場合〕
法定代理人の場合は、戸籍謄本その他その資格を証明する書類。
法定代理人以外の場合は、委任状など本人の委任の事実を確認することができる書類。

(5)代理人の本人確認書類〔代理人が申請する場合〕(郵送の場合はコピーを添付)
登録対象者の本人確認書類と同じです。  

受付期間

受付期間は平成27年8月24日(月曜日)から平成27年9月25日(金曜日)(必着)までです。

受付窓口と受付時間

受付窓口

 必要書類を準備し、住民票のある市区町村で手続してください。松前町に住民票のある人は、役場1階の町民課窓口で受付します。
  なお、窓口にて登録申請をする事ができない場合は、郵送による受付も行っています。その場合は申請書をダウンロードして、平成27年9月25日(金曜日)までに到着するよう郵送してください。

(松前町へ申請書を郵送する場合の提出先)
〒791-3192 伊予郡松前町大字筒井631番地 町民課 通知カード担当 宛 
           ※ 封筒の表面に 「居所情報登録申請書 在中」と朱書きしてください。

受付時間(松前町役場)

受付は、平日の午前8時半から午後6時15分まで