1月30日の給食

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月30日更新

1月30日 火曜日

0130

今日の献立は、伊予なもし、豚汁、アカモクのかき揚げ、かぶのレモン漬けです。

給食センターに岡田小学校・岡田中学校のPTA役員の方々をお招きして、給食試食会を行いました。
「伊予なもし」「アカモクのかき揚げ」といった給食初登場メニューを味わっていただきました。
1

伊予なもしは、中予の6市町の特産物をフリーズドライにしてご飯とともに炊いた炊き込みご飯です。
松前町のはだか麦、東温市のもち麦、伊予市の干ししいたけ、砥部町の赤しそ、松山市のひじき、久万高原町のトマトと地とうきびが入っています。
2

アカモクは、愛媛県で獲れる海藻で、がん予防効果があるスーパーフードだそうです。海外でも大ブームになっているそうで、入手困難な食材です。

粘りが強い海藻ですが、かき揚げの他の具材と混ぜ合わすと粘りが気にならなくなりました。
3 ←黒い斑点のように見えるのがアカモクですが。

5 ←T本調理員とO西調理員が一口サイズの大きさでかき揚げの種を落としています。
ずっと揚げていると、とっても暑い。

PTAの方の感想です。
「伊予なもしは、たくさんの素材が入っていて、食感も良くとても美味しかった。」
「アカモクなど初めて聞くものもあり、地域の特産品を知る良い機会になった。」
「帰って子どもと給食の話をしたいと思います。」

来月は、北伊予小学校・北伊予中学校のPTA役員の方々に試食をしていただきます。