トップページ > 組織でさがす > 福祉課 > ひとり親家庭医療費助成制度

ひとり親家庭医療費助成制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月1日更新

ひとり親家庭医療費助成制度

母子家庭などに対する経済的支援のひとつとして、保険診療に伴う医療費の自己負担分を助成する「母子家庭医療費助成制度」を実施していますが、平成27年7月から対象者を拡大し「ひとり親家庭医療費助成制度」として、父子家庭などの方も申請により助成が受けられるようになりました。

拡大された対象者

1.父子家庭の父と児童
2.準父子家庭の祖父と孫または兄と弟妹
  ※ 児童・・・20歳未満で就職していない人
  ※ 準父子家庭とは、民法第877条第1項に規定する扶養義務者であって、「配偶者のない男性」である人が「父母のない児童」を養育している家庭

対象除外

1.前年(1~6月申請分については前々年)の所得に対して所得税が課税されている家庭
  ※ 税の扶養状況により課税されていても助成対象となる場合がありますのでお問い合わせください。
2.生活保護を受けている家庭

その他

助成を受けるには、必要書類を添えて申請が必要ですので、事前にお問い合せ下さい。