トップページ > 組織でさがす > 福祉課 > 宗意原保育所解体工事に伴う石綿(アスベスト)対応について

宗意原保育所解体工事に伴う石綿(アスベスト)対応について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月7日更新
 この度、旧宗意原保育所(松前町大字筒井1188番地2)の解体工事の実施に当たり、専門業者に建材の分析調査を依頼したところ、当該施設の外壁吹付材や煙突断熱材などに石綿(アスベスト)が含有されていることが判明しました。

 石綿を含有する建材は、塗装等に覆われているため、石綿の飛散はなく、問題ありません。

 今後は、6月補正予算で石綿対策に係る費用も含めた保育所解体工事費の予算措置をした上で、今年7月頃から解体工事に取り掛かる予定です。


 解体工事の実施に当たっては、建材に含まれている石綿が周辺に飛散することのないよう、関係法令に従い万全の対策を講じます。