ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > ライフステージ 高齢者・介護 > 介護保険 住宅改修費の支給について 

本文

介護保険 住宅改修費の支給について 

印刷ページ表示 更新日:2019年5月1日更新

介護保険の「要介護認定」や「要支援認定」を受けた方がお住まいの住宅を、手すりの取付け、段差の解消など在宅での生活に支障がないように改修する場合は、介護保険の給付により、その改修費用(消費税を含む上限20万円)の9割(一定の所得を超える方は8割または7割)が支給されます。

※要介護(要支援)者が現に居住する住宅(=被保険者証記載の住所)について行われる改修のみ支給対象となります。
※支給を受けるためには、改修前と改修後にそれぞれ手続きが必要です。
 改修工事の内容を確認し適正に給付を行うため、事前確認を実施しています。必ず、担当ケアマネジャーにご相談いただき、役場の事前確認・着工許可を受けてから着工してください。(事前確認を受けていないと、保険が給付されません。)

対象となる住宅改修の種類

  • 手すりの取付け
  • 段差の解消(敷居撤去、スロープ設置、床かさ上げ、踏み台設置、浴槽の取替えなど)
  • 滑りの防止及び移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更
  • 引き戸等への扉の取替え(開き戸から引き戸、扉撤去、ドアノブの変更、戸車設置など)
  • 洋式便器等への便器の取替え(和式から洋式、位置や向きの変更など)
  • その他上記住宅改修に付帯して必要となる住宅改修(下地補強など)

【事前申請】住宅改修費支給申請提出書類

  1. 居宅介護住宅改修費等事前申請書(下部からダウンロードできます。)
  2. 住宅改修が必要な理由書(ケアマネージャーが作成する書類です。下部からダウンロードできます。)
  3. 当該住宅改修に係る見積書(事業所印が押印されている原本を提出ください。)
  4. 改修予定箇所がわかる平面図(対象被保険者の動線も記入してください。)
  5. 改修予定箇所の日付入写真(写真上に改修予定箇所を表示してください。)
  6. 住宅改修の承諾書(下部からダウンロードできます。)
    ※住宅改修の承諾書は、改修予定の住宅が対象被保険者の所有でない場合のみ必要です。
  7. 改修工事に使用予定の資材等のカタログ写し(マーカー等で区別し、どの工事に(工事番号等をつけ)、資材等が何個必要なのかを記入してください。)

【支給申請】住宅改修費支給申請提出書類

  1. 住宅改修費支給申請書(下部からダウンロードできます。)
  2. 当該住宅改修に係る領収証(原本) ※確認の上、コピーをとりお返しします。

住宅改修費支給申請書 [Wordファイル/20KB]

受領委任払い申請

受領委任払いはこちら