ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > まちづくり課 > 市街化調整区域における農家住宅・分家住宅等の「用途変更」について

本文

市街化調整区域における農家住宅・分家住宅等の「用途変更」について

印刷ページ表示 更新日:2022年5月17日更新

市街化調整区域における農家住宅・分家住宅等の「用途変更」について

・市街化調整区域は、市街化を抑制すべき区域とされていることから、建築物の建築・用途の変更が規制されています。
・市街化調整区域に立地している農家住宅や分家住宅等は、都市計画法の制度上、原則、建築主等の特定の方のみが使用できる建築物です。特定の方以外の方が使用しようとする場合(用途変更)は、事前にまちづくり課都市計画室まで御相談ください。
市街化調整区域における農家住宅・分家住宅等の「用途変更」を検討する際には、下記の資料を御参考にしてください。
なお、「用途変更」についての基準は、愛媛県都市計画課が策定している「開発許可制度の手引き(令和4年4月)」に基づくものです。
詳しくは、下記のリンク先を御覧ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)