ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > まちづくり課 > 木造住宅の耐震工事の補助をおこないます

本文

木造住宅の耐震工事の補助をおこないます

印刷ページ表示 更新日:2019年5月7日更新

木造住宅の耐震化に向けて、建物全体や2回に分けて補強する工事の費用を補助します。

また、耐震工事をするために必要な耐震診断や耐震設計、耐震監理を無料でおこないます。

今年度から、住宅内の一部に強固な箱型の空間を作って安全を確保する、耐震シェルター設置工事についても補助の対象となりました。

  • 耐震診断

現地で調査し、住宅の安全性を診断します。

  • 耐震設計

補強方法を検討し、設計図書を作成します。

  • 耐震工事

耐震設計を基に工事をおこないます。

  • 耐震監理

設計図書に基づき工事がおこなわれていることを確認します。

対象となる木造住宅

  • 町内で昭和56年5月31日以前に着工された一戸建てのもの
  • 併用住宅のときは、住宅以外の用途の床面積が過半でないもの
  • 2階建て以下で、延べ面積が500平方メートル以下のもの
  • 枠組壁工法、丸太組工法、特別な認定を得た工法のものは対象外

対象となる方

  • 対象となる木造住宅の所有者(町税を納める義務のある方については、前年度の町税を完納していること。)

補助金額

  • 耐震診断・耐震設計・耐震管理は無料。
  • 耐震工事は90万円を限度に補助。
  • 耐震シェルター設置工事は40万円を限度に補助。

受付期間

平成31年4月8日(月)~令和2年1月31日(金)

※ 申し込みを希望する方は、事前にまちづくり課窓口で相談を受けてください。