ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 産業課 > 松前町産はだか麦を使用したクラフトジン(道後ジン 六媛)の発売について

本文

松前町産はだか麦を使用したクラフトジン(道後ジン 六媛)の発売について

印刷ページ表示 更新日:2021年10月13日更新

松前町産はだか麦を使用したクラフトジン(お酒)が発売されます

概要

 松山市、伊予市、東温市、久万高原町、砥部町、松前町の3市3町圏域で連携し、それぞれの市町の特産品を使用したクラフトジンを開発しました。

 

 松前町の特産品は「はだか麦」が使用されています。はだか麦は、麦ご飯や麦茶として食卓に並ぶ以外に味噌などに加工され、健康食品としても注目を集めています。

 

商品名

道後ジン 六媛(ろくひめ)

 

発売日

令和3年10月14日(木曜日)

 

容量・価格

200ml 2,090円、500ml 5,280円(税込み)

 

販売場所

道後商店街、いよてつ高島屋、空港、港、オンライン販売など

 

商品 はだか麦

●道後ジン 六媛           ●はだか麦

 

参考

 【まつやま圏域未来共創ビジョン】

 連携中枢都市である松山市を中心として、伊予市、東温市、久万高原町、砥部町、松前町の3市3町が連携して地域経済を活性化し、魅力ある圏域を形成するため、平成28年7月8日に連携協定を締結しました。また、圏域の将来像や基本方針などを定めた「まつやま圏域未来共創ビジョン」を策定し、さまざまな取組を進めています。