ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 社会教育課 > 東京2020オリンピック聖火リレー
聖火ランナー募集!!!

本文

東京2020オリンピック聖火リレー
聖火ランナー募集!!!

印刷ページ表示 更新日:2019年7月1日更新
1

東京2020オリンピックを盛り上げるため、47都道府県をつなぐオリンピック聖火リレーが行われます。

松前町で聖火ランナーを体験できるまたとないチャンスです。ぜひ応募してください。

※募集について

愛媛県実施予定日

4月22日(水)

四国中央市→新居浜市→西条市→今治市

→上島町→東温市→久万高原町→松前町→松山市

4月23日(木)

砥部町→愛南町→伊予市→内子町→大洲市→松野町

→鬼北町→西予市→宇和島市→伊方町→八幡浜市

※実施市町の順番などについては、変更となることがあります。

聖火ランナー選定の基本的な考え方

東京2020組織委員会が定める東京2020オリンピック聖火ランナー選定の基本的な考え方は、下記のとおりです。
【対象:すべての人々】
・国籍、障がいの有無、性別、年齢のバランスに配慮しながら、幅広い分野から選定し、開かれたリレーとする
・地域で活動している人を中心に選定
【復興・不屈の精神(支えあう心)】
・日々の生活の中でも、家族、仲間、同僚などお互い支え合って、あきらめずにどんな困難にも立ち向かう人
(例)復興のために、地域コミュニティ再生に多大な貢献をした人
【違いを認めあう包容力(認めあう心)
・様々な人々との違いを認めあいながら新たなものに取り組んでいる人
(例)様々な個性の子供たちのためのスポーツコミュニティを作り、多くの人が集う地域の拠点を作った人
 地域の人と移住者をつなげて、新たな地域ブランド構築に貢献した人
【祝祭による一体感(高めあう心)】
・ランナーとして走ることで、地域の一体感を高め合うことができる人
(例)地域の伝統文化活動を縁の下で支えている人

聖火ランナーの基本応募要件

聖火ランナーにご応募いただくためには、以下の基本応募要件を満たす必要があります。

・2008年(平成20年)4月1日以前に生まれた方とします。ただし、2020年(令和2年)3月1日(聖火リレー開始月の初日)時点で、18歳未満の方は保護者の同意が必要です。
・原則として、松前町にゆかりがある方(現時点または過去に居住していたことがある方、現時点で所属している職場や学校がある方、家族や親戚が居住している方、過去に活動したことがある方など)とします。
・国籍、性別は問いません。
・自らの意思で火を安全に運ぶことができる方とします。ただし、介添えスタッフ(介添者)のサポートは必要に応じて可能です。
・政治的、宗教的メッセージを伝えることを目的とする方は、聖火ランナーになることはできません。
・公職選挙法に規定する公職にある方(国会議員、地方公共団体の議員・首長)、公職の候補者や候補者となろうする方、政党や政治団体の党首及びこれに準ずる方は、聖火ランナーになることはできません。
・宗教家が、宗教上の実績で評価されて聖火ランナーになることはできません。

募集期間

令和元年7月1日(月曜日)~8月31日(土曜日)
※持参の場合は平日の8時30分~17時15分

募集人数

  1人

走行距離

1人当たり約200メートル
※原則として松前町内を走行する予定です。
 詳しい走行場所は、令和2年2月中旬以降、当選者に連絡します。

応募方法

 応募にあたっては、募集要項を必ず確認してください。
 応募用紙に必要事項を記入し、下記の応募先にメール・郵送するか窓口に持参してください。

選考方法

 町で候補者を選考し、県実行委員会の承認後、東京2020組織委員会が当選者を決定します。
※応募用紙以外の資料などは選考の対象とはなりませんので、送付しないでください。

当選発表

 12月以降、町から当選者へ当選の速報を連絡します。その後、東京2020組織委員会から当選者に正式な当選通知が送付されますので確認ください。
※落選の場合、連絡はありません。
※走行日の2週間前までに欠員が出た場合は、繰り上げ選出されることがあります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)