ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

特例郵便投票について

印刷ページ表示 更新日:2021年10月14日更新

特例郵便等投票

 新型コロナウイルス感染症で宿泊療養・自宅療養等をしている人で、一定の要件に該当する人は、「特例郵便等投票」ができます。

特例郵便等投票の対象

 保健所・検疫所から次の要請・措置を受けた人で、投票用紙等の請求時において、要請・措置の期間が選挙期日の公示・告示日の翌日から選挙当日までの期間に掛かると見込まれる人。

1 感染症法第44条の3第2項または検疫法第14条第1項第3号の規定による外出自粛要請

2 検疫法第14条第1項第1号または第2号に掲げる隔離・停留の措置

※ 濃厚接触者への要請は、上記に該当しません。

手続きの概要

1 選挙期日(投票日当日)の4日前までに、選挙管理委員会に次の書類を郵送してください。

 (1) 特例郵便等請求書

 (2) 保健所・検疫所による要請・措置に係る書面

2 選挙管理委員会で確認後、投票用紙等をお送りします。必要事項を記入し、同封の返信用封筒でご返送ください。

※ 手続きの前に、必ず「投票用紙の請求について」・「投票の手続きについて」を確認してください。

※ 書類郵送時は、必ず「【特例郵便等投票専用】料金受取人払表示」を印刷して封筒に貼り付けてください。

投票用紙の請求について [PDFファイル/655KB]

投票の手続きについて [PDFファイル/610KB]

特例郵便等投票請求書 [PDFファイル/517KB]

【特例郵便等投票専用】料金受取人払表示 [PDFファイル/70KB]

注意事項

 特例郵便等投票の手続きは、公正確保のため、他人の投票に対する干渉や、なりすまし等詐偽の方法による投票について、公職選挙法上の罰則(投票干渉罪(1年以下の禁錮または30万円以下の罰金)、詐偽投票罪(2年以下の禁錮または30万円以下の罰金))が設けられています。

濃厚接触者の投票について

 濃厚接触者については、特例郵便等投票の対象ではありません

 投票のために外出することは、「不要不急の外出」に当たらないとされていますので、投票所等で投票いただいて差し支えありません。ただし、手洗い、手指消毒、マスクの着用や、公共交通機関の利用自粛などの感染対策にご協力ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)