ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 税務課 > 家屋を取り壊したとき

本文

家屋を取り壊したとき

印刷ページ表示 更新日:2020年6月23日更新

固定資産税の課税対象となる家屋を取り壊した場合は、登記建物は法務局で滅失登記を行い、未登記家屋は役場に滅失届を提出する必要があります。(登記建物でも滅失登記をする予定がない、または年内に滅失登記が終わらない場合は役場への届け出が必要になります。)

固定資産税は毎年1月1日時点の状況で課税されますので、取り壊した家屋の現地確認を行った年の翌年度から課税されなくなります。

これらの届け出を忘れると、取り壊した家屋が翌年度以降も固定資産税の課税対象となる場合がありますので、ご注意ください。

提出書類


下記より、滅失届をダウンロードし、必要事項をご記入の上、ご提出ください。

家屋滅失届 [PDFファイル/88KB]

家屋滅失届(記載例) [PDFファイル/223KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)