ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 危機管理課 > 松前町交通情報(令和2年)

本文

松前町交通情報(令和2年)

印刷ページ表示 更新日:2021年3月26日更新

令和2年中の交通事故状況です。

町内の全事故数と高齢者事故が増加しています。

一人ひとりが交通ルールを再確認し、交通安全を心掛けましょう。

交通事故発生状況(令和2年1月~令和2年12月)

町内(全事故)

 

令和2年

前年

増減数

増減率(%)

発生

55

52

+3

+5.8

死者

2

2

±0

±0

傷者

57

57

±0

±0

 

伊予署管内(全事故)

 

令和元年

前年

増減数

増減率(%)

発生

91

98

-7

-7.1

死者

4

4

±0

±0

傷者

99

107

-8

-7.5

〈令和2年中の交通事故特徴〉

幹線道路(国道56号、378号)で発生(約40.7%)

事故原因は前後左右の安全不確認が半数を超える

高齢者が当事者になりやすい(約53%)

車両同士の追突事故が多い

県内(全事故)

 

本年

前年

増減数

増減率(%)

発生

2,404

2,811

-407

-14.5

死者

48

42

+6

14.3

傷者

2,670

3,168

-498

-15.7

発生数、傷者数減少に対し、死者数は増加しています。

死者数のうち、道路横断中が16名(横断歩道横断中が7名)