ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保険課 > 事故にあったとき(第三者行為による傷病届等について)

本文

事故にあったとき(第三者行為による傷病届等について)

印刷ページ表示 更新日:2018年10月10日更新

 第三者行為による事故

 松前町国民健康保険に加入している人が、交通事故など他人(第三者)の行為が原因となったケガで医療機関にかかった場合でも、国民健康保険を利用して治療を受けることができます。しかし、本来は加害者が治療費を負担するのが原則であり、この場合は加害者が支払うべき治療費を松前町が一時立て替えて支払うこととなります。

 そこで後日、松前町が加害者に対して治療費を請求する際に「第三者行為による傷病届」が必要となりますので、すみやかな届出をお願いします。

 なお、特例措置により自己負担割合が1割負担の人(国民健康保険被保険者であって、昭和19年4月1日までに生まれた70歳以上の人) が、交通事故などで医療機関を受診した場合、負担割合は保険証記載の1割負担ではなく法定の2割負担が原則となります。※平成30年2月1日から平成31年3月31日の間にあった交通事故などに限る

 よって、交通事故などの受診であるにもかかわらず、1割負担で医療機関にかかっていた場合は、松前町から被保険者へ1割分の返還請求を行います。

 ただし、被保険者より同意を得た場合は、松前町が加害者または加害者の加入する任意・自賠責保険に対し請求を行います。

届出方法

手続きに必要な物をお持ちになり、保険課窓口にて届出をしてください。

手続きに必要な物

松前町国民健康保険被保険者

保険会社の方 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)