トップページ > 防災情報 > 原子力災害発生時の広域避難者受入計画

原子力災害発生時の広域避難者受入計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月28日更新

原子力災害発生時等における避難者受入計画の策定

 原子力災害が発生した場合、松前町は、愛媛県広域避難計画に基づき、伊方町・伊予市から、最大約1万1千人の避難住民を受け入れることにしています。
 そこで、原子力災害発生時に、伊方町・伊予市の避難住民を迅速かつ円滑に受け入れるため、受入支援に必要な体制や手順等を定めた「原子力災害発生時等における避難者受入計画」を策定しました。

『原子力災害発生時等における避難者受入計画(伊方町編)』

『原子力災害発生時等における避難者受入計画(伊予市UPZ圏内編)』