ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > ライフステージ 就職・退職 > 国民健康保険の喪失(脱退)手続きについて

本文

国民健康保険の喪失(脱退)手続きについて

印刷ページ表示 更新日:2021年6月30日更新

国保を脱退するときは、14日以内に必ず届出をしなければなりません。

国保を脱退する場合は、事実が発生した日(松前町から転出した日や社会保険加入の日など)から14日以内に保険課(役場1階5番窓口)に下記届出に必要なものをもってお手続きください。

国民健康保険を脱退するとき

こんなときは届出を 届出に必要なもの
町外に転出するとき
  • 窓口に来る人の本人確認書類
  • 国保の保険証
  • 個人番号

勤務先の健康保険に加入したとき

健康保険の扶養に入ったとき

  • 窓口に来る人の本人確認書類
  • 勤務先の健康保険の保険証(全員分)
  • 国保の保険証(全員分)
  • 個人番号
死亡したとき
  • 窓口に来る人の本人確認書類
  • 国保の保険証
  • 個人番号

※平成28年1月1日から資格の喪失手続きにおいて個人番号(マイナンバー)の提示が必要となります。

※別世帯の人が手続きする場合は委任状が必要です。委任状の用意が難しい場合は、委任状の代わりとして下記のものをもってお手続きください。ただし、死亡したときの手続きにおいて、死亡した人が住民票上単独の世帯である場合は、委任状は不要です。

委任状(資格関係) [PDFファイル/63KB]

(委任状の用意が難しい場合)

・脱退する人の本人確認書類(下記の例のうちどれか1点)

・脱退する人の印鑑(認め印)

・​代理で窓口に来る人の本人確認書類

 

※本人確認書類の例
・1点のみの提示で本人確認できるもの
  免許証、マイナンバーカード、パスポート、在留カード、身体障害者手帳など
・2点以上の提示で本人確認できるもの
  健康保険証、介護保険証、年金手帳、年金証書など

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


     就職