ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 子育て関連総合窓口 > 児童手当(令和6年10月~)

本文

児童手当(令和6年10月~)

印刷ページ表示 更新日:2024年6月10日更新

令和6年10月の児童手当制度改正

1 令和6年10月分の手当から、制度の内容が変わります。

 令和6年6月5日に成立した「子ども・子育て支援法等の一部を改正する法律」により、令和6年10月分の児童手当から、次のとおり変更となります。

  1. 支給対象児童の年齢を「15歳到達後の最初の年度末まで」から「18歳到達後の最初の年度末まで」に延長
  2. 所得制限、所得上限を撤廃
  3. 第3子以降の手当額を月1万5千円から月3万円に増額
  4. 第3子の算定に含める児童の年齢を「18歳到達後の最初の年度末まで」から「22歳到達後の最初の年度末まで」に延長
  5. 支給回数を年3回から年6回に増加

 

制度内容の比較
  改正前 改正後
支給対象 15歳到達後の最初の年度末までの児童 18歳到達後の最初の年度末までの児童
所得制限 所得制限あり 所得制限なし
手当月額

・ 3歳未満 一律: 15,000円

・ 3歳~小学校終了まで
 第1子、第2子:10,000円 第3子以降:15,000円

・ 中学生 一律: 10,000円

・ 所得制限以上 一律: 5,000円(特例給付)

・ 3歳未満
第1子、第2子:15,000円 第3子以降:30,000円

・ 3歳~18歳到達後の最初の年度末まで
第1子、第2子:10,000円 第3子以降:30,000円

支払期月

年3回(2月,6月,10月)
(各前月までの4カ月分を支払)

年6回(偶数月)
(各前月までの2カ月分を支払)
第3子の算定 18歳到達後の最初の年度末までの児童を含める 22歳到達後の最初の年度末までの児童を含める
算定方法
(例)
多子加算(拡充前) 多子加算(拡充後)

 

2 制度改正に伴う支給の申請について

申請時期

  7月頃にお知らせを郵送し、9月末まで受け付ける予定です。

申請が必要な人

 ・【新規申請】新たに対象となる人
  所得制限、子ども全員が高校生年代以上などの理由で児童手当を受給していない場合

 ・【増額申請】制度改正で増額になる人
  「平成14年4月2日から平成21年4月1日生」の子どもがいる場合で、増額になるとき

  (増額申請が必要な例)
  (1)高校生年代の子どもがいるとき
  (2)子どもが3人以上いて、大学生年代の子どもを児童手当の加算人数とすることで第3子以降が増額になるとき

申請が不要な人

  (増額申請が不要な例)
  (1)児童手当を受給中で、高校生年代以上の子どもがいない人(第3子がいる場合の増額は、職権で行います。)
  (2)子どもが2人で、第1子が大学生年代、第2子が中学生年代以下の人(児童手当の額は変わりません。)

申請方法

  郵送または電子申請にて受付する予定です。詳細が決まり次第、本ページに掲載いたします。

  ※過去の児童手当受給情報や、現在の住民登録状況を基に、対象と思われる方へご案内のお手紙をお送りする予定です。
  ただし、対象者を絞り込むことが困難なため、今回の制度改正の対象外となる人にもお知らせを送ります。


放課後児童クラブ
子ども・子育て支援新制度